FC2ブログ
■ブログの閲覧は18歳以上を推奨しております山猫スズメを毎度よろしくお願いいたします!(・∀・) ■
 
 ここ最近の活動など(2015/01更新) newオレンジ■ 
 
●自家通販はじめました→STAR BERRYオンラインショップ

●C87新刊「五月雨の日々~時雨と五月雨~」書店委託頒布中です→虎の穴

●iPhone向けソーシャルゲーム 「海賊ファンタジア」 にてカードイラスト描いております。

●携帯コミック 「変身!JKパンツに生える俺のアレ」 めちゃコミック にて配信中です。

かれこれ4年ほどまともな健診を受けていなかったのですが
このところちょっと調子がアレだったりで
気になる部分もあったので意を決して行って来ました。

自営業の方でなかなか足が遠のいている方もいると思うので
サクッとレポートあげておきます。
未知の世界だけど気になるという方のご参考になれば幸いです~。
(あくまでも個人の感想ですw記載ミスがあったらごめんなさいww)


今回お世話になった病院はコチラ
平日の昼間に標準コースを受けて来ました。

流れとしては

-------------------------------
問診表に記入
  ↓
後検査着にお着替え
  ↓
採尿
  ↓
身長/体重測定
  ↓
血圧測定
  ↓
 採血
  ↓
心電図
  ↓
骨密度検査
  ↓
聴力検査
  ↓
レントゲン撮影
  ↓
胸部/頭部CT
  ↓
乳がん検査
  ↓
胃カメラ
  ↓
着替え
  ↓
検査結果説明(一部)

-------------------------------

以上の工程で所要時間は1時間チョイでした。

もっと時間が掛かるものだと思ってたワリに
サクサクすすめてくれるのでありがたい。

喫煙者だとこれに肺周りの検査もプラスされます。

乳がん検査ははさむや~つではないので
痛くないのが嬉しい!><ノ
ただ担当は女医さんではないので
この辺に拘る方にはオススメしません。

そして自分が一番懸念していた
胃カメラの手順~↓

①胃の中をきれいにする薬を飲む
グイっと一口。カルピスを百倍薄めた感じの味?

②鼻腔を広げる薬注入
両穴それぞれ2,3回ずつ液を注がれます。
水泳で鼻に水入っちゃったとき系のツンとした違和感あり。無味。

③局部麻酔in鼻
②と同じ要領ですが麻酔薬なので鼻から喉を通るときに
ピリピリして、飲み込むと喉に焼けるような違和感あり。不味い。

④局部麻酔in喉
最後に喉に麻酔を直接噴射して
麻酔が効くまで2分ほど待ちます。
このころには鼻から喉にかけてはもうホワ~ンとした感じに。

⑤胃カメラ挿入
両穴試してより入れやすい穴から挿入(笑)
麻酔が効いてるので確かに痛みはないですが、
カメラが喉を通る際にゴックンしなくてはいけないので
麻酔が効いてる中でゴックンするのがちと大変かも。
挿入中は口鼻両方から息をするよう言われたような。

そして検査中は胃カメラの映像を目の前に先生があーだこーだ説明してくれますが
初めての感覚にこちら側はそれどころではないという状況(笑)
痛くは無いんです。
ただ…
なんともいえない感じなのです^^;
そんな胃カメラプレイの体感時間は2、3分といったところですw

また、カメラを入れている間に唾液を飲み込むとむせてしまうらしく、
それを防ぐために唾液はティッシュに垂れ流すことになります。
これがなんともせつない絵面です…OTL


何にしても個人的に胃の調子はとても気になっていたので
その場で状態を目で見て把握できるというのは良かったです^^

尚、麻酔が切れるまではうまく飲み込めないので飲食禁止ですが、
麻酔自体は検査から1時間位待てば切れるようす。

この日わかる範囲の検査結果(血液等々)では
異常はみられなかったので一安心でした。


…あとは自立神経か^^^^^^^


でもまー身体の状態が判ればその分
「変な病気してるんじゃ…」←(内科的な意味で
といった心配からは開放されるのでしばらくの間は一安心できるので良いです^^


ちなみにこの日はこのあとカイロプラクティックも初挑戦してきたのですが
姿勢の悪さが祟って背中中大変なことになっておりました…OTL

そのへんはまた改めて~ノシ


-こちらの病院に関する補足-
*サイトに記載はないようですがクレカ支払いOKですた。
*通常、問診表と検便キットに関しては予約したあとに
病院から送られくるので当日持参する形になるらしいのですが、
自分のようにいきなり前日予約とかすると後日検便を実費で郵送するハメにw
web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okapic.blog110.fc2.com/tb.php/861-ff509f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック